• 一般社団法人沖縄県医薬品登録販売者協会
  • 一般の方へ
  • 協会概要
  • お知らせ
  • お問い合せ

  • 一般社団法人
    沖縄県医薬品登録販売者協会
  • 〒901-2215
    沖縄県宜野湾市真栄原2-28-2
  • 098-897-2110
  • 098-897-1859

一般の方へ


TOP  > 一般の方へ


医薬品登録販売者とは

登録販売者とは、都道府県が実施する
①薬種商試験合格者及び②登録販売者試験合格者で、それぞれ都道府県に登録した者を言っております。登録販売者は、一般的には「一般用医薬品(OTC薬又は市販薬)のリスク区分の内、第2類及び第3類医薬品販売の専門家」として位置付けられております。

平成24年度末で約13万人の登録販売者がおり、登録販売者試験の実施により増加していくものと思われます。



登録販売者による職能団体です

2009年6月の薬事法改正に伴い誕生した医薬品販売専門職『登録販売者』のうち、沖縄県で働く登録販売者によって、自主的に構成され、運営される団体です。



全国組織である公益社団法人全日本医薬品登録販売者協会と連携する団体です 

登録販売者の職能団体である地方協会を結びつけ、共通の課題に取り組む要となる全国組織が公益社団法人全日本医薬品登録販売者協会(略称『全薬協』)です。全薬協は、2012年4月1日に公益法人となりました。
全薬協は、登録販売者研修支援・活性化事業、研修認定登録販売者事業、医薬品の適正使用に関する啓発及び知識の普及に貢献し、公衆衛生の向上に寄与することを目的とした公益社団法人です。



広まる活躍の場

平成23年10月14日厚生労働省医薬食品局通知「一般用医薬品の使用上の注意記載要項について」によると 一般用医薬品の「添付文書の相談すること」のなかの(1)~(4)の項目の中に、「医師、歯科医師、薬剤師又は登録販売者に相談すること」として、新に登録販売者の名称が入る。


※長年我々の先輩である薬種商の時代に、数十年にわたり要望してきたことが昨年10月に現実のものとなった。
このことは登録販売者への役割と期待が法的にもより明らかになってきたと言えるのではないでしょうか。



研修会について

救急救命講習会10月21日


10月21日薬剤師会館にて救急救命講習会を行いました。
講師に、特定医療法人沖縄徳洲会中部徳洲会病院の曽根史郎看護師長を講師に迎え急病人に対処する方法、意識確認の方法、AEDの使用法などの救急救命の流れを細かく的確に教えていただきました。
講師の曽根さんは、現役のICU治療などに実際に携わっていますのでいろいろな経験の中から豊富な話術で解説していただき、受講者からも好評でした。






▲ページトップへ